アンデッドアンラック

UMA"春"戦のもう一つの見どころ!ビリーの心境の変化は起きるのか?

依頼内容

ビリーの心境を考察。

ビリーの心に変化は?

UMA"スプリング"と風子の三番勝負の第二戦"否定十三人一首"で否定者達の人生を詠んだ俳句の読み手となったビリー

この俳句には否定者たちの本心が反映されています

もちろん、メインとなるのは風子とUMA"スプリング"の戦いなのですが読み手のビリーも否定者たちの本心に触れて思う所がある様でそちらにも注目が集まっています

特に意味深な反応を見せたのはタチアナテラーの俳句を詠んだ時でした

まず、タチアナの俳句を見てみると

タチアナ 短歌

となっています

タチアナはビリーに救われた否定者です

あなたと言うのはビリーの事と考えて間違いないでしょう

そして上の句については解説不要と思いますがタチアナ不可触アンタッチャブルを表しています

恐らくビリーの心に刺さったのは下の句です

タチアナ 俳句

(引用:アンデッドアンラック/戸塚慶文/集英社)

下の句からはタチアナ組織ユニオンを裏切る事となったビリーの本音が知りたいのだと読み取れます

裏切った自分を信じ続けるタチアナにビリーは一体何を思うのでしょうか?

次にテラーの俳句を見てみると

テラー 短歌

となっています

テラーはビリーの傭兵時代の仲間で一人目のUNDERアンダーメンバーです

そして、作中でも叶わぬ夢というのは神殺しの事だと言及されました

ビリー 神殺し

(引用:アンデッドアンラック/戸塚慶文/集英社)

しかし、下の句で詠まれている様にテラーは神殺しを止めたいというのが本音の様です

これまでUNDERアンダーとしてビリーを支えて来たテラーが本音では無謀な神殺しを止めたいというのは意外でした

本音を殺してビリーに忠義を尽くしているテラー

俳句を詠み、この事実を知った事でビリーも少し思う所があった様で意味深に描写されています

ビリー テラー 俳句

(引用:アンデッドアンラック/戸塚慶文/集英社)

はたしてUMA"春"戦後のビリーはどうするのでしょう?

風子の戦い

そして、詠み手のビリーは風子の戦い方も見ています

手段を選ばず非情に徹すれば神に勝てるという考えのビリーとは対照的に風子は愛情を持つ事で神を倒そうとしています

風子 UMA春.jpg

(引用:アンデッドアンラック/戸塚慶文/集英社)

組織ユニオンの甘さでは神殺しは成せないとUNDERアンダーを結成したビリーですが今回の風子の戦いを見てその考えを改めるかもしれません

実際に風子は危険を顧みずにUMAの過去に寄り添う事で今回の戦いでUMA"スプリング"へ不運を呼ぶ事を成功させました

風子 否定能力 進化

(引用:アンデッドアンラック/戸塚慶文/集英社)

神の正体はまだ明かされていませんがきっと不運は神にも届くでしょう

この風子の成長が神へと届き得ると感じたのならば、合理主義のビリーは組織ユニオンとの共闘を選択するはずですね

シャーロックの独り言

今回はアンデラでのビリーの心境について考察していきました

ビリーもこのUMA"スプリング"戦で少しずつ考えが改まっている様な気がします

これから先の戦いではきっと組織ユニオンUNDERアンダーの共闘が不可欠なはずです

はやくビリーとの関係が元に戻って欲しいですね

最後まで読んで読んでいただきありがとうございます!

ぜひ感想考察などコメントしていって下さい!

最近のコメント

    -アンデッドアンラック

    Copyright© ジャンプ探偵.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.