呪術廻戦 死滅回游

過去の術師"レジィ・スター"の術式「再契象」について解説!

依頼内容

レジィの術式を解説。

ホームズ
今回は伏黒との名勝負を魅せてくれたレジィの術式について解説していくよ

レジィ・スター

不退転 新宿 池袋

(引用:呪術廻戦/芥見下々/集英社)

羂索と契約した過去の術師で「日本の人間を彼岸に渡す事」が死滅回游の真の目的がでない事に気が付き備えとして強い仲間を集めていた

過去の術師で羂索との面識もあるが羂索の協力者では無く只の野次馬だと語っている

術式に使用する契約書を体中に貼り付けており状況において使い分ける

再契象

術式の概要は"契約の再現"で契約書により得る事が出来る物を再現します

例えば契約書が購入した領収書であれば購入した物が現れ契約書がサービス内容ならば自分の体がそのサービスを受けた状態になります

再契約で再現した物は式神と同じで簡単な命令を与える事が可能で与えられた命令を実行するとすぐに契約物は消滅しますが命令を与えない限り消える事はありません

契約書を呪力で焼き切る事が契約再現条件で印字が消えない限り再契象での再現は可能となります

レジィが使用した再現した物は以下の通り

包丁 スマートフォン
ガソリン 大根
植木鉢
ナイフ
旅館「星空亭」
(サービス)
刀剣
スクーター 乗用車
ドローン
トラック

再契象の長所

羂索と契約を結んでいた事からレジィは名のある術師であった事が伺えますが再契象の最も強い点は手数の多さと契約条件の緩さだと思います

レジィはレシートを契約書として使っていますが渋谷事変で受肉したはずなので直接契約を結んだとは考えにくいです

旅館の領収書が使えていた事から恐らく荒廃した東京で集めたレシートを使っていたと思われます

レシートが契約書となり得る現代においてはかなり緩い条件で契約する事が出来ます

そして契約内容には縛りが無く物やサービスなどの契約を再現出来るという事からかなり汎用性が高い術式だと思います

再契象の短所

汎用性の高い術式である再契象ですが弱点としては火力が弱い事と契約書の管理の難しさです

契約の再現内容は人間の域は超えないので他の術式と比べると火力が弱く感じます

ダイナマイトや銃が使えると良いのですが日本では危険物の契約書は中々手に入らないでしょう

レジィの奥の手が家であった事を考えても決定力に欠ける術式かと思います

また術式の仕様上、使いたい契約書を携帯しておく必要がありますが戦闘で遅れを取らない様に全ての契約書を把握しなければいけません

レジィはレシートを身体中に貼り付けて管理している様ですが術式の情報が分かってしまう事や契約書を狙われる事も想定されます

似た様な術式として呪霊を取り込み操る呪霊操術が挙げられますが取り込めば出し入れが自由で場所を取らない呪霊操術と比べると使い勝手が悪い術式だと思います

シャーロックの独り言

今回は呪術廻戦のレジィ・スターの術式について解説していきました

過去の術師であったレジィですが羂索と契約を交わしていた事や簡易領域が使えていた事からもその強さが伺えます

しかし時代にもよりますがレジィの生きていた時代ではレシートは無かったと思うのでその当時はどんな戦い方をしていたのか気になりますね

伏黒との戦いでも高い分析力を持っていたので上手く立ち回っていたんでしょうね

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ぜひ感想考察などコメントしていって下さい!

最近のコメント

-呪術廻戦, 死滅回游

Copyright© ジャンプ探偵.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.