2022 金未来杯

週刊少年ジャンプ第16回金未来杯エントリーNo.2「根暗闇蔵」の感想

近未来杯 2022

みなさんこんにちは

漫画探偵"シャーロック"です!

今回はジャンプで毎年開催されている一大イベント金未来杯(ゴールドフューチャーカップ)について語っていこうと思います。

エントリー作品

今回開催された金未来杯には6つの作品がエントリーされました

エントリー作品

  1. 絵に描いた餅を描いた餅
  2. 根暗闇蔵
  3. LIFE LIAR FROM HELL
  4. NEON VAMPIRE
  5. 恋の曜日の世崎さん
  6. 隣の尾副川

金未来杯とは

この記事を読んでいただいている方には説明不要と思いますが念のため金未来杯について軽く説明しておきます。

金未来杯とは2004年から開催されている複数の読切作品をジャンプ本誌に掲載し読者アンケートにより賞を競うグランプリです。

過去に賞を受賞された先生は「ベルゼバブ」の田村先生、「ぬらりひょんの孫」の椎橋先生、最近では「仄見える少年」の後藤先生、松浦先生、「レッドフード」の川口先生などジャンプで連載を獲得されています。

今回はエントリーNo.2の「根暗闇蔵」についての記事です!

根暗闇蔵のあらすじ

根暗闇蔵 感想
(引用:根暗闇蔵/山本元輝/集英社)

あらすじ

刀のみを武器としたSP"侍"の一人、根暗闇蔵は過去の最悪を鮮明に思い出したストレスで火事場の馬鹿力を意図的に引き出す

根暗闇蔵は超ネガティブな性格ゆえの想像力であらゆる暗殺者の手を切り伏せ依頼人を守る

今回の護衛対象は世界平和を目指す大統領候補者"ライザ"、闇蔵はライザを守りぬく事が出来るのか?

林先生コメント!

山本元耀

(引用:根暗闇蔵/山本元輝/集英社)

町田先生プロフィール
誕生日 3月22日
趣味・特技 にくまる三兄弟の視聴
好きな漫画

センタクルス
ROUND 2
スキン
呪いの人形VS鮫星人

読者の皆さんへ一言

午後の紅茶ミルクティーの底についたカスを食べたことがあります。

えっ!?どうやって食べたのか気になる気持ちが半分とここのコメントをそんな報告だけにしていいのか?という気持ちが半分です

山本先生かなり個性的だ!

根暗闇蔵の感想

根暗闇蔵
(引用:絵に描いた餅を描いた餅/林快彦/集英社)

ここからは個人的な感想です

前回の「絵に描いた餅を描いた餅」とは打って変わったギャグで笑いのセンスを感じた作品でした

ギャグで一番面白かったのは闇蔵の回想で出てくる一人だけ「ちびまる子ちゃん」の世界から飛び出して来たような女の子です

根暗闇蔵が悲観流を使う際に出てくるのですが、被せられるとじわじわ来ました

あとは、ネガティブだからこそ悪い方向へ暴走する想像力が功を奏し予測不可能な事態でも闇蔵の中では想定内で対処出来るという設定は上手くハマっているなと思いました

そして、日外 明の存在も良かったと思います

所謂、解説キャラなのですが闇蔵を巧みに利用して金儲けを企てている設定を作る事で闇蔵がネガティブな部分を押し出していけたのかなと思います

闇蔵を利用していると言ったものの日外と闇蔵の中にはきちんと信頼関係が築けているので読み味も悪くなかったです

ただ、悪かった点としてはコメディとして勝負するにはギャグに爆発力がありませんでした。侍コメディという事で「銀魂」と比較して読んでしまいましたがギャグに勢いが無かったです

女性読者の票も狙えギャグで大きなギャップを生み出すという意味でも画力を上げてキャラをよりイケメンに描くと更に良くなると思いました

とはいったものの個人的な総評としては一度、連載で見てみたいと思ったのが本音ですね

連載の中で何かを掴んだらヒット作を生み出せそうなポテンシャルは感じました

最後まで読んでいただきありがとうございます!

次回はエントリーNo.3「LIFE LIAR FROM HELL」について感想を綴っていきたいと思います!

最近のコメント

-2022, 金未来杯

Copyright© ジャンプ探偵.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.