マニア

ジャンプ打ち切り漫画シリーズ!「クーロンズ・ボール・パレード」の打ち切り理由について考察! 

皆さんこんにちは

今回はマニア向けの考察記事

ジャンプ打ち切り漫画の打ち切り理由考察です!

今回の作品は『クーロンズ・ボール・パレード』という高校野球漫画です

作品紹介

クーロンズ・ボール・パレード

(引用:クーロンズ・ボール・パレード/鎌田幹安・福井あしび/集英社)

気弱で体格にも恵まれない主人公"小豆田玉緒"は分析力を武器に憧れの甲子園常連の強豪"白凰学院"の入部テストを受ける

しかし分析班が存在する強豪のチームに欲しい人材は才能に恵まれ華のあるスタープレイヤーだった

テストに不合格となり目標を見失いかけた小豆田だったがそこへテストでバッテリーを組んだ豪速球投手"龍堂太央"が現れる

白凰の入部テストに合格した龍堂だったが「純粋に楽しみ野球を楽しみたい」と白凰への入学を断っていた

二人は最強のチームを創る為にかつて白凰と凌ぎを削っていたが現在は野球部が存在しない黒龍山高校への進学を決め、かつて決勝で白凰を相手に三連覇を果たし"九龍クーロンズ"と呼ばれたナインの再来を目指す

曲者たちを集めて黒龍山高校で打倒白凰高校へ小豆田と龍堂のバッテリーが動き出す

キャラクター紹介

クーロンズ・ボール・パレード キャラ

黒龍山高校スターティグメンバー
SS 椿つばき 凛之丞りんのじょう
2B 洞口ほらぐち 依代いよ
LF 寅本とらもと 大河たいが
3B つるぎ 義鷹よしたか
 1B 木戸きど 修平しゅうへい
C 小豆田あずきだ 玉緒たまお
P 龍堂りゅうどう 太央たお
CF 吉沢よしざわ
RF 田島たじま
Mマネージャー 黒滝くろたきかりん

クーロンズ・ボール・パレード 小豆田

(引用:クーロンズ・ボール・パレード/鎌田幹安・福井あしび/集英社)

小豆田玉緒(あずきだたまお)

高い分析力を誇る頭脳は捕手

白凰学院への入学を夢見るも入部テストは不合格

黒龍山高校で仲間を集め打倒白凰学院を目指す

クーロンズ・ボール・パレード 龍堂太央

(引用:クーロンズ・ボール・パレード/鎌田幹安・福井あしび/集英社)

龍堂太央(りゅうどうたお)

150Kmを超える豪速球を投げる右の本格派ピッチャー

強豪白凰学院の入部テストに合格するも楽しい野球を求めて小豆田と共に黒龍山高校へ

クーロンズ・ボール・パレード 黒滝かりん

(引用:クーロンズ・ボール・パレード/鎌田幹安・福井あしび/集英社)

黒滝かりん(くろたきかりん)

黒龍山高校の理事長を祖父に持つ黒龍山高校野球部マネージャー

強豪黒龍山高校を復活させる為に小豆田たちをスカウト

クーロンズ・ボール・パレード  剣

(引用:クーロンズ・ボール・パレード/鎌田幹安・福井あしび/集英社)

剣義高(つるぎよしたか)

恵まれた体格と抜群の打撃センスを持つ黒龍山高校の4番バッター

研ぎ澄まされた集中力で獲物を捉える鷹の様にボールを仕留める

クーロンズ・ボール・パレード 椿凛之丞(引用:クーロンズ・ボール・パレード/鎌田幹安・福井あしび/集英社)

椿凛之丞(つばききくのじょう)

個人技抜群で天才的な守備を見せるショートストップ

性格に難があり仲間との連携が上手く取れない事が欠点だった

クーロンズ・ボール・パレード 木戸

(引用:クーロンズ・ボール・パレード/鎌田幹安・福井あしび/集英社)

木戸修平(きどしゅうへい)

目立った長所は無いが走・攻・守どれも平均以上の能力を持つ優れた選手

控えめな性格だが仲間を鼓舞するキャプテンシーを持つ

クーロンズ・ボール・パレード 寅本

(引用:クーロンズ・ボール・パレード/鎌田幹安・福井あしび/集英社)

寅本大河(とらもとたいが)

中学時代は剣の影に隠れていた左のHRバッター

剣をライバル視しており自ら黒龍山高校へやって来た

クーロンズ・ボール・パレード 洞口

(引用:クーロンズ・ボール・パレード/鎌田幹安・福井あしび/集英社)

洞口依代(ほらぐちいおり)

華麗なグラブ捌きを魅せる俊敏な二塁手で寅本とは幼馴染

過酷な環境での練習を恐れ強豪からのスカウトを蹴っていた

吉沢(よしざわ)

野球部員募集の広告で集まった部員

黒龍山高校の噂を聞き入学した1年生

田島(たじま)

野球部員募集の広告で集まった部員

野球経験はあるもののかりん目的であると思われると入部を躊躇っていた

鍋田(なべた)

野球部員募集の広告で集まった部員

甲子園へ惹かれなんとなく入部を決意

打ち切り理由考察

実は僕は密かにアンケートを入れていたクーロンズ・ボール・パレードですが全20話での打ち切りとなりました

小豆田までとは言わずとも僕もその理由について分析してみました

考えられる大きな要因として

  • 高校野球とプロ野球の違い
  • 展開の遅さ
  • 同期連載人の豪華さ
  • ジャンプで野球漫画を連載する事の難しさ
  • 細部へのこだわり

が挙げられるのかなと思います

高校野球とプロ野球の違い

クーロンズ・ボール・パレードを読んだ方は分かると思いますが結構プロ野球選手の実名が出て来ます

鎌田先生のプロ野球へのリスペクトだと思うのですが作品の舞台は高校野球なのであまりプロ野球の情報などは入らなかったかなと

プロ野球へのリスペクトが強いが為に逆に高校野球との温度差的なものを強く感じてしまいました

「スラムダンク」や「ハイキュー!!」などのリアルさも「黒子のバスケ」や「テニスの王子様」などのぶっ飛んだ様もない中途半端さでした

個人的にはアンケートの票を安定して獲得するには振り切った方がいいと思います

展開の遅さ

またかなり作品のテンポも遅かった様に感じます

参考までに掲載順位の推移表を載せておきます

クーロンズ・ボール・パレード 掲載順位推移

掲載順位はアンケート結果を反映していますからこう見ると早い段階からアンケートの順位が下がっているのが分かります

1人目の剣が仲間になったのが7話で2人目の選手である椿が仲間になったのが11話です

9人の仲間を集めると言うのが作品の主軸であるのならこのペースでいいと思うのですが仲間集めはあくまでスタート地点ですから話の展開は遅いと言えるでしょう

読者は次の仲間がどんな人間なのかが気になる所なので1人の加入に平均1話ぐらいで10話で仲間集めを終えるくらいのテンポが必要だったのかなと思います

同期連載人の豪華さ

更にこれは誰も悪く無いのですが同時期に連載が開始された作品の中に「ウィッチウォッチ」と「逃げ上手の若君」と実績のある先生の作品が二つもありました

これはかなりアンケートの票を喰われてしまったと思います

更に次の新連載の「アオのハコ」がかなり人気が出たと言うのも打ち切り理由を強めてしまったと思います

ジャンプで野球漫画を連載する事の難しさ

また、近年の人気野球漫画といえば「ダイヤのA」「MIX」「おおきく振りかぶって」などジャンプ以外の雑誌で連載されています

これは僕としてはジャンプと野球漫画の相性の悪さにあると思います

ジャンプは日本一の漫画雑誌なのでレベルの高い新連載がどんどん現れます

本誌の枠は決まっていますからもちろん新連載と同時に終わる作品も出て来る訳です

この循環がとても早いのでチームプレーで9人のプレイヤーがいる野球漫画だとなかなか試合などの展開に入るまでに時間がかかってしまい話が盛り上がる前に打ち切られてしまいます

言い換えるとじっくりと話を進めにくいんです

なのでジャンプで野球漫画(サッカー漫画も然り)を連載するのはかなり大変なんですよね

クーロンズ・ボール・パレードもその典型的なパターンだと思います

細部へのこだわり

最後にこれは個人差があるのかもしれませんが個人的に気になった部分を上げていきます

まず、打ち切りになったのでしょうがないのかも知れませんが1話で主人公に変わって合格したキャッチャーが1話以来全く音沙汰無しだった事です

クーロンズ・ボール・パレード 九ノ城大地

(引用:クーロンズ・ボール・パレード/鎌田幹安・福井あしび/集英社)

主人公のライバルとなるキャラがいなかったので気になりました

また作中で過去の黒龍山高校の伝説の九人を登場させなかった事です

黒龍山の栄光は30年前なので彼らは48歳ぐらいのはずです

この9人中1人も黒龍山復活に関わっていないというのも寂しい気がします

コーチや監督ポジションで登場させてよかったのかなと

そしてもう一つはネーミングです

まずキャラクターの名前ですが個人的にどのキャラも親しみにくいと思います

またタイトルのクーロンズ・ボール・パレードも少し長すぎるかと

それに仮にクーロンズ・パレードとかだとクロパレとか略しやすいんですがボールが間に入っているので略しにくいです

作中でも登場しない呼称なだけにタイトルは覚えやすい方が良かったと思います

シャーロックの独り言

今回はジャンプ打ち切り漫画「クーロンズ・ボール・パレード」についての記事を書いていきました

個人的にとても期待していた漫画なので少し熱くなってしまいました

でもやっぱり連載するのにはタイミングも大事ですね

今回は打ち切り理由考察となってしまったので辛口のコメントばかりになりましたがいい所もたくさんありました

椿のキャラクターやかりんのデザインなどはかなり好きでしたし野球のルールが分からない読者にも分かりやすく解説がありました

また、毎週絵も安定していて投球や打球の威力を表現する為の龍や鷹などはとてもカッコ良かったです

これからは他のジャンルで勝負する事になると思いますがこの経験を糧に大ヒットする様な漫画を描いて欲しいですね

僕はこの2人の先生にはその可能性があると分析しています

それにしても野球漫画がジャンプで長期連載されることってないのかな?

最近のコメント

    -マニア

    Copyright© ジャンプ探偵.com , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.