ONE PIECE 未回収伏線

クロコダイルの強さに違和(イワ)感?その原因はホルホルの実の弱体化にあった?

依頼内容

サー・クロコダイルの強さについての調査。

ホームズ
今回はルフィを一番追い詰めた男"クロコダイル"の強さに関する考察!

クロコダイルの強さの違和感

クロコダイルは作中でも人気が高いキャラですよね

頂上戦争にクロコダイルが参戦したのが嬉しかった人も多いんじゃないでしょうか?

その頂上戦争編ではクロコダイルにまつわる情報がたくさん出て来ましたよね

まとめると

  • イワンコフに弱みを握られている
  • 白ひげ挑み敗北を経験している
  • 戦争で白ひげを殺そうとしていた
  • 悪魔の実の覚醒について知っている
  • 戦争後はMr.1と共に再び新世界へ

こんなところでしょうか?

頂上戦争ではエースやルフィを助けたりと大活躍だったクロコダイル!

あのドフラミンゴから同盟を持ちかけられたりと周りからの評価も高く更にクロコダイルの株を上げましたよね!

そして2019年に公開された劇場版ONE PIECE「スタンピードの特典壱萬八拾九巻バンパクかんで更に気になる情報が判明しました!

それは映画で登場したダグラス・バレットが19歳の時にルーキー時代のクロコダイルは過去に戦っていて決着がついていないということです!

ダグラス・バレット

元ロジャー海賊団船員"鬼の跡目"
ガシャガシャの実の能力

頂上戦争時のインペルダウンレベル6の脱走者の一人

僕も映画の後で特典の壱萬八拾九巻バンパクかんを読んだ際に驚きました!

ちなみにバレットは18歳の頃にはロジャー相手に善戦しています

映画でもバレットはルフィたち最悪の世代が束になってかかっても敵わないような奴です

そんな奴を相手にクロコダイルはルーキー時代に引き分けているのは納得いきません

能力の相性のあるのかな?

なんて一瞬考えましたがバレットは能力を使わなくても十分強いですし2年前にクロコダイルがルフィに負けたことにますます違和感を覚えます

クロコダイルが序盤に敵として登場しちゃったからしょうがないんじゃとかも思い納得していました

しかし、それならなぜ尾田先生はクロコダイルがバレットと戦ったと言う設定をわざわざ公開したのでしょうか?

今回はその違和感を無くすため考察を行います

そういえばモリアもカイドウとかつてはライバル関係にあったが2年前のルフィに負けているね
ワトソン

バレットは一人クロコダイルは仲間たちと戦っていた説

まず考えられるのが映画のように1対多数での戦闘だったという説です!

今回の「スタンピード」でもルフィの"仲間がいる事による強さ"とバレットの"仲間がいない事の強さ"の戦いが一つのテーマになっています

クロコダイルとバレットがサシで戦ったなんてのは壱萬八拾九巻バンパクかんのどこにも書いていませんでした

クロコダイルもルーキーだったとはいえ海賊ですから仲間がいるのは当然ですよね

ここで頂上戦争後のクロコダイルとMr.1の会話を振り返ってみましょう

クロコダイル Mr.1 会話

Mr.1『麦わらは"傷"を負っている
傷ってのはそう簡単に消えますか……?』

クロコダイル『クク…
生意気な野郎だおれへの当て付けか?
こっちはもう癒えてる…
それが証拠にこれからおれは…
懐かしい「新世界」へ入る…!!』

(引用:ONE PIECE/尾田栄一郎/集英社)

僕はこのクロコダイルとMr.1の会話から

クロコダイルは過去に新世界で何らかの理由で仲間たちを失ったと考えています

Mr.1の言う傷というのは怪我の事でない事は言うまでも無いと思います

この場合は兄であるエースを失った"心の傷"を指しているでしょう

それを受けてクロコダイルがこっちはもう癒えてると答えているのでクロコダイルにも似た過去が存在するのでしょう!

つまりその仲間たちも一緒にバレットと戦ったという可能性も出てきますよね!

そうならばクロコダイルの強さの違和感は若干ですがなくなります

まぁそれでもどんだけ強いんだとなりますよね

ホルホルの実の効果が弱まって来た説

クロコダイルといえばイワさんに弱みを握られているということからホルホルの実の力で性転換したのでは?と噂されていますよね!

  • イワさんに弱みを握られている
  • サーという呼び名
  • 右耳にピアス
  • ロジャー処刑時は後ろ姿だけ
  • 幼少期が女の子とも取れる
  • 元ネタキャラが性転換している

などの理由から僕もクロコダイルは元女性だったと思ってます

クロコダイルが男になった理由は強さを求めたからでしょうか?

ゾロの幼なじみのくいなも成長するに連れて男の子には勝てなくなると言っていましたよね

そして鍵となるのが性転換が悪魔の実の能力によるものだと言うことです!

ドレスローザ編では町を包み込み迫るドフラミンゴの技"とりかご"についてゾロが

ゾロ とりかご

「たかだか人間一人の能力だ…
止まらねェ方がおれには不条理だ!!」

(引用:ONE PIECE/尾田栄一郎/集英社)

とこんな事を言っていました

そして理論通りとりかごは一瞬止めることが出来たのですがこれがイワさんの能力にも言えるならどうでしょうか?

約20年前に使用されたホルホルの実のホルモンバランスの変動が徐々に元の戻った

それに伴いクロコダイルの力も徐々に衰えてきている

そうなると20年前バレットとやり合ったクロコダイルが2年前のルフィに敗北したと言うのは納得できますね

シャーロックのひとり言

今回はクロコダイルの強さについての違和感について考察していきました

個人的にクロコダイルは過去がとても気になるキャラなのでまた再登場して欲しいですね

2年後はどこで何をしているのでしょうか?

まだ古代兵器を探してるのかな?

それではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございます(*^ω^*)

ぜひ感想考察などコメントしていってくださいね‼︎

最近のコメント

-ONE PIECE, 未回収伏線

Copyright© ジャンプ探偵.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.