SAKAMOTO DAYS

【SAKAMOTO DAYS】JCC(日本殺し屋養成機関)について解説!

依頼内容

JCC(日本殺し屋養成機関)について調査。

ホームズ
今回はSAKAMOTO DAYS日本殺し屋養成機関J C Cについて説明していくよ!

殺し屋養成所(JCC)

JCC 坂本デイズ

(引用:SAKAMOTO DAYS/鈴木祐斗/集英社)

JCC(Japan Clear Creation)は生徒数1000人弱の4年制学校法人で卒業生の1割がプロの殺し屋ライセンスを所得する事が出来る

(残りの9割は辞めるか訓練中に死亡する)

日本国内の殺し屋養成機関としては最高峰に位置し、優秀な生徒は在学中に殺し屋のプロライセンスを獲得する事もある

全寮制で男女比は8:2、教員数は35名。

編入試験

JCCには年齢制限が無く難易度が高いが編入試験制度も存在し何浪もして毎年受験する殺し屋志望も存在する

倍率は40倍を超え試験内容は毎年変更されるため一般試験よりも編入試験の方が難しいとされている

JCCの専攻

JCCではどの様な殺しを専門とした殺し屋になるのかによって学科を専攻する

現在判明している学科は以下の通り

学科
暗殺科 ???
暗殺特殊科 ???
毒殺科 ???
武器製造科 武器製造科研究室
諜報活動科 ???

都市伝説

『データバンク』には学校自体やこれまでの全学生の詳細な記録が保管されている

年齢・性別・体格などの基本的な情報から使用武器・得意体術・卒業後の歩みなどデータバンクを見ればどんな殺し屋も丸腰

という都市伝説が学生の中で語り継がれている

坂本たちの世代では「南階段下の謎の部屋」平助たちの世代では「大図書室か教頭室に隠し部屋」があると噂されてはいたが誰もデータバンクの存在する部屋を探し出す事は出来ていない

講義内容

JCC 授業

(引用:SAKAMOTO DAYS/鈴木祐斗/集英社)

近接格闘演習や毒殺系の講義など座学や演習を通して殺し屋としての基礎を身につける

教員からの指導はかなりシビアで暗殺実習などの講義も存在し日々怪我人が絶えない

遅刻した際には銃で脅される事もある

アルバイト

殺連の事後処理部隊"フローター"の大半は殺連でアルバイトしているJCCの学生である事が語られているが他にも学生たちに人気のバイトが存在する

アルバイト 報酬 危険度
フローター 日給¥1,5000 D
任務後の現場を修復・清掃する。人気の高いアルバイトなので先輩や友人の紹介が基本。
スポッター 日給¥2~5万 B
スナイパーの相棒。標的までの距離を測ったり風や天候を見たりする射撃専攻の先生の推薦が必要。
被験 1回¥3~80万 S
毒殺科の治験や武器製造科の新武器の被験者になる。常時募集中。

JCC名物?

学園生活には欠かせない学食だがJCCにも存在する

殺し屋養成所であるJCCは食券の販売方法も特殊

生徒たちはレーザー銃で遠くにある券売機のメニューを狙う事で自分の頼みたいメニューを注文する

しかしメニューの的は多くがJCC丼と呼ばれる不味い料理で殺し屋として銃の腕が未熟な学生は学園生活の大半をこのメニューを食べて過ごす事になる

JCC丼

(引用:SAKAMOTO DAYS/鈴木祐斗/集英社)

JCC丼(¥500)

JCCの食券機のボタンに大量かつ巨大に設置されているメニュー

銃の腕を磨かなければ自分の食べたいメニューに当てる事が出来ず、高い確率でJCC丼を食べる事になる

元"伝説の殺し屋"坂本太郎も食べた事がある様であの味は最悪だと話していた

<原料>
・玄米
・レーション
・日替わり野菜クズ

その他メニュー
唐揚げ丼 カツ丼
牛丼 親子丼
日替定食 ハンバーグ定食
チキン南蛮定食 ステーキ定食
カツカレー カレーうどん
皿うどん 豚骨ラーメン
チキンオムライス ライス

主な卒業生

現在判明しているJCCの卒業生は以下の通り

卒業生一覧
坂本太郎 南雲 ボイル 帯黒
眞霜平助 有月 赤尾

エスパーのシンは外部試験でプロのライセンスを所得した為、JCCには在籍しておらず編入試験を受験しJCCへ入学した

なお、JCCの規律により懸賞金のかかっている人間の入学は禁止されている

シャーロックの独り言

今回はSAKAMOTO DAYSのJCCの情報についてまとめていました

これからの新章でどんどん新たな情報が出てくると思うので判明次第更新していきます

最後まで読んでいただきありがとうございます!

ぜひ感想考察などコメントしていって下さい!

最近のコメント

-SAKAMOTO DAYS

Copyright© ジャンプ探偵.com , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.