アンデッドアンラック

ボイドのプロフィール!

みなさんこんにちは

漫画探偵"シャーロック"です!

ジャンプで連載されているアンデットアンラックがこの度次にくる漫画大賞のコミックス部門で第1位に!

アンデラの1位を記念して今回は元組織ユニオンでアンディに殺されてしまったボイドのついてまとめていきたいと思います!

プロフィール

アンデラ ボイド

(引用:アンデットアンラック/戸塚慶文/集英社)

年齢 機密事項
身長 機密事項
体重 機密事項
趣味 機密事項
特技 機密事項
好物 機密実行
能力 不可避アンアボイアブル(他対象 拘束型)
武器 機密事項

元組織で能力は他対象拘束型不可避アンアボイアブルの否定者。

全身に纏っているスーツの装甲は不運によりダンプがぶつかり爆発してもビルの爆破解体に巻き込まれても無傷。

ビルの爆破に巻き込まれた際にイカれじじいのスーツがなければ即死だと発言していることからニコの発明したものと思われる。

また装甲はボイドの鍛え抜いたパンチの威力も相まってアスファルトの道路を軽々と粉砕した。

マスクの中心の部分では熱を感知することも出来るようでガレキに埋もれたアンディの腕を見つけ出した。

しかし他の装甲より脆くなっているようで部位弾パーツヴァレットによる攻撃を防ぐことが出来ず死亡した。

両肩には組織のエンブレムと09の装飾が施されていた為、元No.9であると考えられる。

ジーナが死んだことを気にかける円卓のメンバーはいたがボイドのことを気にかける人物は存在しなかった。

ジーナには至ってはボイドが死んだきっかけを作ったシェンのことを褒めていた。

能力をフルで使っていい任務に生きがいを感じる反面、性格は粗暴になって行った。

しかしダンプとビルの爆破の際は巻き込まれたシェンを庇うという一面も見せた。

主な出来事

  • ジュイスからシェンと共にアンディの捕獲と風子の殺害を命じられ任務に当たる。
  • アンディに返り討ちにされ死亡。

過去

  • 元ボクシングのヘビー級世界王者で力任せの当たればKOスタイルで人気を博していた。
  • しかし3度目の防衛戦で劣勢になり判定負けかと思われた時に能力が発現する。
  • 無抵抗の相手に入った右アッパーは頭を砕き命を奪ってしまい能力のせいで競技としてのボクシングができない体となり業界を去った
  • その後は酒に酒に溺れヤケになっていたところ組織ユニオンにスカウトされ円卓に加入した

能力

不可避

他対象拘束型の不可避アンアボイアブルの能力攻撃の構えを取ることで相手の回避を否定する

しかし厳密には発動時に筋肉の運動を止めているだけでアンディの再生する力は止められずに敗北した。

ボイド自身そのことについて知らなかったようでアンディにもっと自分の能力ルールを知るべきだったと敗因を述べられた。

シャーロックの独り言

円卓には人数の制限がある為、展開的にもしょうがなく死んでしまったボイドですがコミックスのおまけページに詳細が描かれていました

元プロボクサーで世界王者だったのは意外でしたがボイドもジーナと同じく能力によって苦しんだ人物のようですね!

ボイドにもそんな背景があったことを知り少し切なくなってしまいました…

ただボイドのおかげで円卓にはスカウト制度があることが知れたのは感謝ですね!

あとボクシングの試合中に能力が発現したことが能力の発動条件に関係しているのかな?とも思いました!

もしそうなら結構重要な情報ですよね!

また否定者が死んでしまったら能力は他人に渡ることがわかっているので能力の再登場の可能性はジーナと同じくあるのかも?

拘束型の能力はリップが欲しがっていたのでもしかしたら敵の手の渡る可能性も?

最後まで読んでいただきありがとうございました

ぜひ感想考察などコメントしていってください

最近のコメント

    -アンデッドアンラック

    Copyright© , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.